ほかんブログ

早稲田大学を中心としたランニングサークル早稲田ホノルルマラソン完走会のブログです。

This is my life. それは、私の人生そのもの。

ハワイ最終日。


ハワイ滞在がここまで長くなると
正直やることなくなります。というか飽きます。


そこで、私たちはハワイの海を巡ることにしました。

そうです、海巡りです。


最終回は海のおすすめ度とともにやっていきます。
筆者の独断です。
ご参考までに既出の海も紹介します。

 


朝食はここ。

 

f:id:runners-honolulu:20180312175519j:image

 

ロコに人気のお店です。
注文するのも道を聞くのにも慣れました。

 

 

ポテトでも買う?なんて言ってたら、

バスに乗り遅れ、


仕方がないので徒歩で移動します。

歩くことに抵抗が無いところ、ほかんの良さですね。

 

 

f:id:runners-honolulu:20180316023911j:image

あ、虹だ!
※目を凝らしてみてください。

 

私たちは晴れ男晴れ女が集まっているので
基本的に天気は晴れでした。

 

どーん!

f:id:runners-honolulu:20180312175810j:image

 


ハナウマベイ
★★★☆☆


有料で、講習を受けないとビーチには入れません。
サンゴが綺麗です。
シュノーケリング
足元を魚が泳いでいきます。

 


どーん!!

 

f:id:runners-honolulu:20180312175853j:image

 

サンディービーチ
★★★★☆

看板が意味する通り、ひたすら危険なビーチです。
何が危険かって、とにかく波が高い。こわい。

体もってかれるわ傷だらけになるわ

波に挑む男の子たちを見てるだけで大爆笑。

砂浜に字を書いても秒で波に消されます。
でも、とにかく楽しいです。


どーん!!!

 

f:id:runners-honolulu:20180312180057j:image
ハロナ・ビーチ・コーブ
★★☆☆☆

溢れ出すプライベートビーチ感!

岩場でBBQしてるパーリーピーポー達。
めちゃくちゃノリが良かった。


砂浜でバケーションしてる老夫婦、カップルに
軟膏あげようか?と心配される始末。

 

f:id:runners-honolulu:20180312175924j:image
洞窟の中から見る風景。
しんみり。

 

 

どーん!!!

f:id:runners-honolulu:20180316025153j:image

 

ワイキキビーチ
★★☆☆☆

 

言わずも知れた、ハワイのメインビーチですね。

画像は埋められているめっし君です。

 

どーーーーーん!!

f:id:runners-honolulu:20180316023958j:image
ラニカイビーチ、カイルアビーチ
★★★★★


文句なしの五つ星。
なんたって透き通る海。
どんな写真でも映えます。

 

どーーーん!

f:id:runners-honolulu:20180316025811j:image

 

アラモアナビーチ
★★☆☆☆

 

 



中心部からは遠い。でも夕日が綺麗に見れます。

 

f:id:runners-honolulu:20180316025409j:image
ワイキキビーチと違って、静かでゆったりとした時間が流れています。

 

 

 

どーーーーん!!

f:id:runners-honolulu:20180316024309j:image

 

デューク・カハナモク・ビーチ
★★★☆☆


花火を見たところです。
2014年には全米No. 1ビーチに選ばれました。

 

9日間で8つのビーチ。海が好きですね。


最後の晩餐はこちら。

 

手づかみシーフード!

 

 


料理ができる来るまでこのハワイ旅行、
そしてほかんでの思い出を振り返りました。


どーーーーん!!

 

f:id:runners-honolulu:20180316024228j:image


素手で食べます。

サンディービーチに住んでるサンディー(勝手につけた)
のお絵かき講座!!

どーーーーーーん!!

f:id:runners-honolulu:20180316024327j:image

 


そしてこの日も元気にララランド。

 

こうして、私たちのハワイ旅行は終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、好きでここまでハワイネタを引っ張った訳ではありません。ちゃんと理由があるんです。ここからが本題です。

 


今回でブログを更新するのも最後です。

 

 

いつのまにか大学生活、
卒業式と追いコンを残すだけとなっていました。

 

ついこないだ入学したばかりなのに、もう卒業。
やることなすこと全てに最後がついてきます。

 

1年生ただ1人で箱根企画に参加し
3男様をぶっちぎったことが昨日のようです。
その節はご迷惑おかけしました。

 


この4年間、私たちには
たくさんの大切な仲間ができました。


21人の同期をはじめ、


いつも優しく、時には厳しく、
私たちの道標だった先輩たち。

いつもまっすぐ、無邪気で、
キラキラが眩しかった後輩たち。


私たちはとっても恵まれていました。

 

このサークルを作り上げ、また、これからを作り上げていくみなさまに感謝です。

 


大学、そしてほかんとの別れは寂しくつらいです。
しかし、次のステップに進む時がきました。

 


                       サヨナラに強くなれ
                   この出会いに意味がある

     

                          悲しみの先に続く
                             僕たちの未来

 

                       始まりはいつだって
                     そう何かが終わること

 


この4年間、
それは私たちにとってかけがえのない時間でした。


1人1人に意味があって、21人いてこその
早稲田ホノルルマラソン完走会10期です。
1人でも欠けたらそれは10期ではありません。


別れは人生の1つの通過点にすぎません。

 

別れの後には出会いがある。
選んだ道の先に、たくさんの幸せがあると信じて。

 


私たちにとって、
いま、この瞬間が、
新しい道へのスタートラインです。

 


8日目にして、やっと見れた夕日。
8年後、またこの場所で。

f:id:runners-honolulu:20180316025636j:image

 


This is my life.

それは人生そのもの。

 

 

ホノルルマラソン完走会
10期代表 荻田 準一朗